東京でインテリアコーディネートの見積依頼なら「DREAM INTERIOR」へ【無料相談実施中!】 | お客様の声 東京都 R 様 【 後編 】 CGパースを使ったお打ち合わせの様子と検討ポイントについて。

News/ Blog

News / Blog

お客様の声 東京都 R 様 【 後編 】 CGパースを使ったお打ち合わせの様子と検討ポイントについて。

カテゴリ: お客様の声 インテリアコーディネート 作成日:2022年05月17日(火)


こんにちは。

 

こちらのブログをご訪問下さいましてありがとうございます。

DREAM INTERIOR ドリームインテリア代表の加藤英里です。

”住まいのインテリア”をプロ目線でコーディネートしています。

ご要望に合わせていろいろなテイストに対応可能ですが、”綺麗めシンプルモダン”なコーディネートを得意としています。

※事例については、worksのページをご覧下さいませ。

 

  

お客様からの嬉しいお声を頂戴しましたので、
ご紹介いたします。

 

2年ほど前に、

ご新居の新築マンションに、

家具・カーテン・照明・造り付けの収納家具

などをトータルコーディネートで
お納めさせて頂いたR様です。

 

お引越し前にお納めした内容については、前編をご覧下さい。

 

 

こちらでは、お引越し後にお買い足し頂いた家具(ソファ・ダイニングセット・オットマン)

について、CGパースを使ったお打ち合わせの様子と検討ポイントを後編としてご紹介します。

 

 

お納めしたお部屋はこちらです。

 

10 2

 

 

10 4

 

 

 

ソファ選びは、サイズ感と実際のかけ心地を体感して

 

お引越しの後にソファとダイニングセットをご検討されたいとのことでしたので、

お引越し後、しばらくしてからお声掛け頂き、家具を検討しました。

 

 

  

お部屋が狭くならないように、コンパクトなソファを置きたいとのことで、

こちらをご検討されていました。

 W1550×D945×H815㎜

フリッツハンセン ルネ

 

リビングダイニング チェアウイング ソファルネ 上部から 0703

 

 

0702

 

 

こちらも素敵なのですが・・・。

ソファをご検討頂く際、お客様に必ずお伺いすることがあります。

「ソファの上でごろごろされませんか?」

 

お客様の中には、決して寝転びません。という方もいらっしゃるのですが、

多くの方は、寝転ぶことがある。

とお答えになります。

(因みに私は、絶対にごろごろしたい派です!)

R様もできればリラックスされたいとのことでしたので、

大人が身体を伸ばせるサイズで、デザインも検討しつつ

下記の3案をご提案しました。

 

 

 【A案】

W1660×D950×H770のソファ+オットマン。

オットマンが移動できますので、動線にゆとりができますし、

ソファ前に置いて、脚をのせる事も出来ます。

お客様がいらっしゃった際には、軽く座ることも可能。

カンディハウス  クォード

 

リビングダイニング チェアウイング ソファ クオード 上から 0707

 

 

 

足もとの木部と抜け感が軽さを感じます。

 

0706

 

 

 

 

【B案】

W1800×D920×H660㎜のふっくらとしたソファ。

片アームですので、脚も安心して伸ばせて最もリラックス感があります。
アルフレックス  ソーナ

 

SONA 0705

 

 

 

どっしりとした安定感のあるデザイン。

 

SONA0705

 



【C案】

W1830×D930×H640㎜のゆったりとしたソファ。

背もたれが低く、圧迫感が少ない。

座面の奥行きが広いので、ゆったりと寛げますが、動線は最も狭くなります。

少し明るい色にした場合のイメージも合わせて検討しました。

日本フクラ カストール


フクラ カストール 上から0802

 

 

背もたれが低く、足元の抜け感がサイズの大きさを感じさせません。


フクラ カストール 0802



サイズ感をCGパースにてご確認頂くと同時に、
それぞれのショールームにご同行してお試し頂きました。

※上記メーカーの3店舗ともう1店舗の計4店舗伺いました。

 

 

いろいろご覧頂いた後、 A案をご採用下さいました。

内装、既にお納め済のカーテン等のアイテムとのバランスを考慮して、

木部と張地・クッションをセレクト。

ご一緒にラグもお選びしました。

 

 

ダイニングは、テーブルを巾1350㎜にてオーダー。

当面椅子は2脚にて。

いったん、オットマンはなしにして様子を見てみるということになりました。

 

 

オットマン(スツール)の色選び

 

後日、ご友人が集まることも増えてきたため、オットマンを追加されたいとのこと。

当初はソファと同じ生地で製作することを考えていました。

 

 

こちらのイメージ。

↓ 

 

ダイニングからベッド オットマン薄色 のコピー

 

 

 

最終的にはこちらにてご決定頂きました。

 10 5

 

 

 

上のCGと比較すると、

オットマンがラグと馴染んで主張が少なくなり、室内がすっきりしたのが分かります。

 

 

検討を進める中で、R様に、

「オットマンはソファと別の色にしたい。」

とのご意向がありましたので、別色の張地も検討しました。

別の張地の選択方法としては、

〇同系色で素材感を変える。

〇アクセントとなるようなカラーを選択する。

等が考えられますが、

お打ち合わせ当初から、R様ご自身が、

”空間にゆとりを持ちたい”という点を大変重視していらっしゃいましたので、

ラグの色となじませて、張地はかなりダークなグレーをお勧めしました。

 

床の色がそれほど濃色でない場合、濃色の張地の家具は際立ち過ぎるイメージがありますが、

今回は、ラグやカーテンなどにダークグレーを使っていますので、

お部屋の中での存在感が薄らいで、トータルバランスとして、こちらの方が空間にゆとりが出ます。

 

ソファのことだけを考えると、ソファ本体とオットマンは同じ張地の方が統一感が出て、
まとまりが良いのですが、空間全体に視野を広げることで、より良い別の選択が見えてきます。

今回、R様に「オットマンはソファと別の色にしたい。」というご意見を頂いたことで、私ももう一歩踏み込んで、

よりご満足頂けるご提案が出来ました。

 

都心のマンションのように空間が限られる場合は、特に細かな部分へのこだわりが全体を左右します。 

セオリーに縛られて無難な選択をすることなく、これからもお客様の声に耳を傾けながらチャレンジして行きたいと思います。

  

 

R様、ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

その他のお客様のご感想は、こちらです。

どうぞご覧下さい。

お客様のご感想 東京都 M様

『 想像以上に素晴らしい
オーダーメイドの家具を設えていただきました。』

 

 

お客様のご感想 神奈川県 K様  ご自宅兼お料理教室

『プロは、普通では思いつかない事を
沢山知っていて、

形にするセンスも桁違いだと感じました。』

 


お客様のご感想  東京都 A 様

『 意見を交換することで納得するところが増え、
非常に有意義でした。』

 


お客様のご感想  東京都 S 様

『 建築中で実際のお部屋を見ていないので、

なかなかイメージがわかなくて困ってました。』

 

お客様のご感想  神奈川県 A 様

『 「あ、スマートな暮らしに変わった・・・。」と実感しております。』

 

 

 

最新の自己紹介記事はこちらです。

お急ぎの方は、コンパクトにまとめた

 プロフィールページをご覧下さい。

 

サービスの概要はこちらです。

 

”ご自宅で過ごす時間を心地よく”
ということを見直される方が増えています。

初回無料お打ち合わせは、
オンライン(ZOOM)にて可能
ですので、

インテリアについてご検討されたい方は、
この機会に是非お問合せ下さいませ。

 

お問合せはお気軽にこちらまで!

セキュリティの問題で、メールが届かない場合があるようですので、

もしフォームから送れない場合は、
こちらのアドレスまで、その旨ご連絡下さいませ。

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

 

Instagram
是非ご登録下さいませ。

 icon instagram wh

 

 

 

Facebook

是非ご登録下さいませ。

icon facebook