カーテンの選び方⑧ -レースの裾仕上げ  三つ折り・ウェイトテープ等についてー | DREAM INTERIOR|インテリアデザイン・インテリアコーディネーション

News/ Blog

News / Blog

カーテンの選び方⑧ -レースの裾仕上げ  三つ折り・ウェイトテープ等についてー

カテゴリ: コーディネーションのコツ 作成日:2021年04月04日(日)


レースについて、
気を配りたいポイントの一つに、
裾の仕上げがあります。

ドレープ生地の裾の仕上げは、基本的には、
三つ折り仕上げ。

生地をカットした後、10センチ程度折り上げて縫製します。
生地が重なるため、必然的にこの部分だけ厚みが出てしまうため、
この部分の縫製には、メーカーさんによって、
生地のヒダがより綺麗に仕上がるように
工夫がなされています。

 

レースについては、
折り返し部分は重なって透けて見えますので、
より綺麗な仕上がりを求めたい場合は、
この部分の縫製にも気を配りたいところです。

 

仕上げ方法は大きく分けて2タイプ。

①三つ折り仕上げ

最もスタンダードな仕上げ方法。
こちらが、最も多い仕上げ方法かと思います。

 
KAWASIMA

画像:川島織物セルコン



生地の透け感が少ない場合
(あまり透けない生地)や、
クラシックなイメージにしたい場合は、

重厚感を醸し出すのでおすすめですし、

また逆に、

カジュアルなイメージにしたい場合にも、

シンプルで直線的に仕上がるのでお勧めです。

とても使い勝手の良い仕上げです。


折り返した生地の自重で、

重心を下部にもたせることになるため、
ヒダを安定させる効果があり、
下部の折り返し部分が太めのしっかりとした
”縁取り”となって、
カーテン全体を引き締め、
フォーマル感の演出にひと役かってくれます。

ストレートなラインを強調するので、

カジュアルなイメージにも合うわけです。

傷みやすい裾部分を補強する役割もあるので、
機能面でのメリットもあります。

 


次に多い仕上げ方法は、

②ウェイトテープ仕上げ

細いチェーン状のパーツを裾に巻き込み縫製します。

ST Sounds room L

画像:マナトレーディング

この仕上げがお勧めなのは、
薄くて軽い生地の場合。

薄くて軽い生地は折り返しても裾部分に重さが足りないので、
ヒダが不均等に広がってしまうことがありますが、
ウエイトテープの重量によって、

上部から下部にすとんと綺麗に落す効果があります。

 

 

またデザインの面でのメリットもあります。
生地の末端まで透け感を表現したい場合。
例えば、柄が施された透け感の高い生地。

 
PF1466Sybille Ruge01

画像:フジエテキスタイル

 

 

P212 01 RC615 01 RC597 06

画像:FEDE POLYMARBLE

   フェデポリマーブル

 

 

裾部分に折り返しがないことで、
より軽やかな雰囲気になりますね。
もし三つ折りで仕上げてしまうと、
折り返した部分の生地が重なって透けるため、
その部分だけ、

”もたついた印象”になってしまいます。

 

 

フロントレーススタイル

(ドレープを奥・レースを手前)にしたい時や、

床に引きずるようなブレイクスタイル

にしたい時にも、

生地の柔らかなラインが表現できるので、

とてもお勧めです。

 

フロントレーススタイル

P234 01 RC627 02 RC598 19

画像:FEDE POLYMARBLE





ブレイクスタイル

PF6246 SL sekou large

 画像:フジエテキスタイル

 

 

また、三つ折り仕上げと比較して、ウェイトテープ仕上げの方が、
折り返す生地の長さが少ないため、
同じ高さの窓のカーテンを製作する場合、
必要な生地の量が少なくて済むというメリットもあります。

 

 

また、腰高の窓の場合、
目線に近い場所に裾部分が来ますので、
ウェイトテープ仕上げがお勧めです。
テープ部分のゆるやかなカーブが
ファブリックの柔らかさを表現してくれますね。

 

デメリットとしては、
テープ部分を引っ張ってしまうとその箇所から破れやすいこと。
があります。
ペットや小さなお子様が引っ張ってしまうような場所の場合や、
頻繁にお洗濯されたい場合等は、
耐久性を重視して、三つ折りをお勧めすることもあります。

 

 

ご提案の際には、
インテリアアイテムは、

装飾品の要素もありますが、
実用品でもあるので、長く綺麗な状態でお使い頂けることも
大切なポイントと考えています。

 

また、ウェイトテープ仕上げも、
生地との相性で、綺麗にウェーブが出ない場合もありますので、

ウェイトを入れずに細めの三つ折りにしたり、
高さのある窓の場合は、裾部分のみにとらわれず、

全体の美しさを考慮して、

あえて通常の三つ折り仕上げにする。
など、優先順位を考慮して選ぶとよいと思います。


そのファブリックを最も熟知されているメーカーさんに、
推奨の仕上げを確認すると安心ですので、
私も最適な仕上げを相談しながら、

お客様にご提案するようにしています。

 

その他の仕上げとして、

メーカー推奨のものが個々にありますので、
よりこだわりの仕上げを求める場合は、
その特性を確認することで、

その生地の良さを最大限に生かしてあげられると思います。

 

 

他の仕上げ例。

 

●裾ショートへム仕上げ(3㎝巾)
フジエテキスタイル

FA1802 CG sekou large

 

profile img005

 



●裾5㎜三巻仕上げ
クリエーションバウマン

ソプラノⅢ produkt bild 02

 

上記のように、各メーカーさんの縫製には、
独自の推奨スタイルもありますので、
それを参考に最も適した仕上げを選択すると、
確実に仕上がりがワンランクアップします!

 

 

ほんの些細なことのようですが、
ファブリックはとても繊細な素材ですので、
そんな微細な配慮の積み重ねが、
”お部屋全体の仕上がり”に影響を及ぼすのではないかな。
と思っています。

 

 

『神は細部に宿る』といいますからね!

 

家具製作の時などにも、
打ち合わせ時間が少なかった、

予算が足りなかったなどの理由で、
最終的な仕上がりの段階で、
細部を詰め切れなくて後悔することが幾度かありました。
気づいてはいたけれど、
諸々の事情により、

あえて見逃さざるを得ないような場合もあります。

 

完成後に修正出来る場合は修正したり、
再製作したりということもあり・・・。
そうすると最終的には、
お客様にもご迷惑をお掛けしてしまう結果になりますので、

出来る限り、製作段階の”もやもや”はクリアにした上で、
完成させるよう意識しています。
ご協力頂いている職人さん方には、お手数をお掛けしてしまいますが、
最終的には、お客様はじめ、

関わる全てのスタッフが納得出来る仕上がりを求めて。

 

カーテンについては、
それほど予算アップさせることなく、
仕上がりをワンランクアップさせることが出来ますので、
ただ、生地を選んで終わりではなく、
縫製にもこだわりをもってご提案しています。

 

生地はメーカーさんから数限りなく新しいものも発売されますので、
全ての生地の全てのスタイルを体感できるわけでないですし、
また仕上がり具合のお好みや、
お部屋の中でのデザインとしてのバランスなど、
検討事項が沢山ありますが、

 プロフェッショナルな方々にお知恵を借りながら

一つ一つクリアしていく作業は、
なかなか楽しい作業でもあります!

 

 

レースカーテンの

裾仕上げについて。

のお話でした。


トータルコーディネートではなく、

カーテン選びなどの

インテリアアイテムひとつひとつについても、

ご相談を承っております。

 

お客様が見逃しがちな

細かいポイントまでこだわってご提案致します。

 

お問合せは、

お問合せページから

お気軽ご連絡下さいませ。




Copyright © DREAM INTERIOR All Rights Reserved. login